玄米パワーと免疫力

玄米は栄養成分が豊富に含まれ、健康に良いとされていますが、その玄米に
秘められているちからと、免疫力効果や生活習慣病予防効果について探っていきたいと思います。

この記事では玄米リブレフラワーの免疫力効果について述べています。

玄米の糠(ぬか)にはビタミンEやビタミンB群などのビタミン類、、鉄や亜鉛などのミネラル類、食物繊維などが豊富に含まれており、白米に比べると栄養素が数倍も多いとされていますが、アブシジン酸の問題などがあります。

また、食べにくい、消化しにくいといった問題もあり、玄米を栄養食として摂るのに、抵抗がある方も多いと思われます。

しかし、玄米リブレフラワーであれば、玄米の難点が見事に解消されているため、優れた栄養食として、毎日の食生活に簡単に採り入れることが可能です。

リブレフラワーは、独自製法で高温焙煎し、25ミクロンに微粉末化した玄米です。

この玄米リブレフラワーのメリットの効用について、酵素栄養学の第一人者として知られている、鶴見隆史氏は以下を挙げています。

  • エネルギーの大幅なアップ

  • ファイトケミカル(フェルラ酸他)が多く出現し抗酸化力を強く持つ

  • フリーラジカルスカベンジャー効果を持つ

  • その穀物の持つ薬効効果の増大

  • 栄養素(ミネラル、ビタミン)の活性化(天日干しの効果)

  • 毒素の腸内吸着素としての働き

  • 食べ方の簡便さ

  • 栄養の吸収率の増大

  • ビタミンEとしての作用

  • さまざまな応用の可能

  • 免疫力の増大作用


(鶴見隆史 『現代版 食物養生法』 p229)

玄米粉の効用


  1. きわめて酸化しにくい

  2. すべての栄養素に破壊がない

  3. デンプンがアルファ化(α化)している

  4. きわめて消化吸収がいい

  5. 強烈な毒素排泄効果

  6. 栄養素(特にミネラル、ビタミン)の活性化

  7. 完全に(一〇〇%)無農薬化している

  8. 食べ方が自由自在

  9. 他の素材と組み合わせるとその欠点が回避される

  10. 低カロリー食品である

  11. ダイオキシン・環境ホルモンの排出作用として一役

(鶴見隆史 『現代版 食物養生法』 より)

特に玄米リブレフラワーは腸内の毒素を排出するデトックス効果が強いとされているため、腸内環境の改善や免疫力のアップにおすすめです。
玄米リブレフラワー
玄米リブレフラワーi



 玄米は栄養バランスが優れており、栄養価も白米より高いとされています。

 しかし玄米に含まれる「アブシジン酸(ABA)」は細胞内のミトコンドリアの毒になるため、玄米を食べる時はこのアブシジン酸を無毒化して食べる必要があると言われています。

 もし無毒化しないと細胞内のミトコンドリアの機能が弱まり、その働きが低下してしまうとされているのです。

 ちなみに細胞内のミトコンドリアは人間のありとあらゆる生命活動に必要な「ATP」と呼ばれるエネルギー通貨を必要な分だけ生み出しており、細胞の新陳代謝やエネルギー代謝にも深く関わってくるため、ミトコンドリアの働きがアブシジン酸によって低下してしまえば、そのぶん体調不良に陥ったり、様々な病気の発症の原因になっしまったりする可能性が否めません。

 しかし、アブシジン酸(ABA)のために玄米を食べないようにする必要はなく、このアブシジン酸(ABA)を取り除く方法が三つ存在しています。それは以下の通りです。

  1. 12時間以上の浸水

  2. 遠赤焙煎(ロースト)かフライパンの空炒り

  3. 発酵
        (参考 鶴見隆史『「酵素」の謎』) 

 『「酵素」の謎』の著者である鶴見隆史氏は玄米から完全にアブシジン酸を取り除くには「12時間以上の浸水」が必要だと述べています。「遠赤焙煎」や「発酵」でも減らせるそうなのですが、「12時間以上の浸水」をしないと玄米に関してはアブシジン酸は残ってしまうそうです。

 もしアブシジン酸のミトコンドリアに対する影響が気になる方は12時間以上の浸水を行ってから玄米を炊いたほうが安全だと思われます。

 また、遠赤焙煎(ロースト)することでアブシジン酸を無毒化したものとして、玄米リブレフラワーがあります。



 玄米腸内の環境を改善するのに有効な食材であると思われます。

 その理由は食物繊維が豊富に含まれているからです。食物繊維には、便の構成要素となり、便量を増やす腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にして、消化物を速やかに移動させたり、発がん物質、有害菌、有害物質を吸着して、便として排泄したりする働きがあります。

 つまり、便秘の予防・改善のために食物繊維は非常に有効な成分だといえるのです。

 近年は、便秘に悩まされる方が多いとされています。では、なぜ便秘をしてしまうのかといえば、その理由には「ストレス」が挙げられます。

 社会生活を営むうえで強い不安や緊張を感じた際、急にお腹が痛くなる経験をしたことがある方は多いと思いますが、なぜお腹が急に痛くなり、下痢などをしてしまうのかといえば、脳と腸は自律神経でつながっているからです。

 自律神経には交感神経と副交感神経があり、緊張した場合には交感神経が優位になり、リラックスした場合には、副交感神経が優位になることはよく知られています。つまり、これから大事な事をやろうとしてアクセルを踏む場合は交感神経を働かせる必要がありますが、身体をゆるめてゆっくりと休みたい時には、副交感神経を働かせなければならないということです。

 しかし、腸の働きに関しては反対に、副交感神経が腸を働かせるアクセルの役割をし、交感神経がブレーキの役割を果たしているのです。分かりやすく言い換えると、強く緊張してしまうと、腸の働きにブレーキがかかり、蠕動(ぜんどう)運動が妨げられるため、便がなかなか排出されなくなってしまうのです。

 先程、便秘の原因がストレスだと述べましたが、その理由は過度のストレスによって自律神経ばかりが優位になり、腸の働きが鈍っているからだと考えられます。

 また、ストレスが長く続くことによって、下痢が数か月のあいだ続くという場合は、腸の機能に問題が生じていることが考えられます。近年、問題にされている「過敏性腸症候群」の可能性もありますので、もしそのような症状に憶えがある方は、医療機関を受診するなど、早めの対策が必要になってきます。

 もうひとつ便秘の原因として「食べ過ぎ」があります。近年は、飽食の傾向による食べ過ぎが、腸内環境を悪化させるとして非常に問題になってきています。

 普段、私たちが摂取している糖質・タンパク質・脂質といった三大栄養素は、胃液や膵液に含まれている酵素が消化・分解し、分子レベルにまで細かくなることで小腸から吸収されているのですが、あまりに胃の中の食べ物が多すぎると、分解が間に合わないため、小腸から吸収されず、腸内に止まり続けることになります。

 このことは「消化不良」と呼ばれますが、糖質・タンパク質・脂質の三大栄養素が腸内で消化不良を起こすと、「異常発酵」や「腐敗」「酸敗」といった現象を生じさせ、そのことが腸内に毒素や悪玉菌を増やす原因になってしまうのです。また大腸がんの大きな要因にもなってしまいます。

 悪玉菌が増えると、からだ全体の調子が悪くなるのはもちろんのこと、腸内細菌のバランスが崩れることで腸の活発な運動が阻害されますので、便が腸内に止まりやすくなります。

 さらに近年の食生活においては、動物性のたんぱく質や砂糖、トランス脂肪酸、食添加物など、消化に悪い成分が大量に含まれた加工食品やファーストフードが増えていることも、消化不良を引き起こす原因だと考えられています。

 一方、野菜を摂る習慣などが減ってしまうことにより、日本人の食物繊維の摂取量は昔と比べるとだいぶ減ってきています。

 それらのことが便秘に悩まされる方が増えている理由だと考えられますが、食物繊維が豊富に含まれている玄米を食生活に採り入れることは、便秘の予防・改善に有効だと思われます。またそれと同時に、少食を心がけたり、消化しやすいようによく噛んで食べたりすることも腸内環境を改善するためには大切であると感じます。

 しかし玄米の食物繊維を摂るうえで、ひとつ注意点があります。それは、玄米だけで食物繊維を摂らないということです。なぜなら玄米の食物繊維は水に溶けにくい不溶性であるため、玄米だけから食物繊維を摂ろうとすると、かえって便秘になってしまう可能性が考えられるからです。

 そのため、玄米で食物繊維を補おうとする場合は、水溶性の食物繊維もある程度摂ったり、水を普段より多めに飲んだりすることが重要です。


具体的な腸内環境の改善方法については「腸内フローラ改善生活」をご参照ください。


このページのトップヘ